【事務所通信バックナンバー】

雑感

 立春の候、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。日頃の税務会計に対する深いご理解とご協力、心より感謝申し上げております。

 寒さが続く中にも、明るい陽ざしに春を感じる季節となりました。折から長野五輪の会場からは猛吹雪の中、健闘する選手たちの姿がメディアを通じて伝えられ、何か自分の中にもこういう感動のドラマのエネルギーを呼び込もうと思う今日このごろです。メダル獲得という大きな荷物を負わされながらもその重圧に負けず、自分の力を出し切ることの出来る選手の精神力は、本当に素晴らしいと思います。世界最高を目指して磨く技術と平行して自分を鍛えていくイメージトレーニング。これは私達の日頃にも是非取り入れたいものです。「私は出来る、私は勝つ」というイメージを重ねることによって、それは信念に変わり、やがて現実のものとなる……。暗い世相の中で、気持ちは明るく前向きに頑張っていきたいと思います。

 事務所では年最大の繁忙期を迎え、スタッフ一同頑張っております。昨年はプロ野球選手の脱税事件が新聞を賑わせました。このことに対する球団の処置は、大変厳しいものがありました。「この位ごまかしても差し支えないだろう」とか「みんながやっているのだから」……。こんな気のゆるみが、せっかく築き上げてきた人生を台無しにしてしまいます。私共の事務所の関与先の皆様には、私の「租税主義」の理念をよくご理解いただき、ご協力いただけることに心より感謝申し上げます。

 今年も確定申告が無事終了しますよう、皆様の声と、事務所の声を合わせて双方向NETWORKで臨んでいきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

(1998/02/23・荻原秀樹)