【事務所通信バックナンバー】

1998年 年頭所感

 新春の候、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

 新しい年を迎えて輝かしく一年のスタートと思う頃、実に三年前のあの日、阪神大震災は多くのものを揺るがし、未だに建物の復興は進んでも、被害者の方々の心の傷が癒えることはない。今年はまた三度にわたる大雪が、日常生活を直撃し、生活ラインがストップしてしまった。人間がどんなに頑張って築きあげていっても、自然の力は想像を超えた規模で、私達の上にのしかかってくる。

 こんなことからも「物より心」という問題がクローズアップされてきて、本当に大切な物は何かを社会全体が考え始めてきていることを切に感ずる。

 昨年を振り返っても、景気回復の兆しを感じながらも、それを実感しないうちに下降局面に入ってしまった景気後退の原因としては、@消費税率引き上げ、所得税・住民税の特別減税の廃止、健康保険料負担の引き上げなどによる個人消費の低迷、A中小企業の大幅後退、B雇用所得の改善の遅れなどがあげられる。

 そんな中で、モノが売れないという経営者の悩みと裏腹に、消費者は欲しいモノがないと感じているというのだ。今までの企画・生産・販売の常識では解決できない心の問題が、ここに集約されているのかもしれない。

 経営者として企業の存続にかかる責任は、はかりしれないものがあり、日々のご苦労も推察してやまない。

 そんな中にも本年は、心の問題を考えていくゆとりを持っていただけるよう希望する。人として、また経営者としての心を磨くために私も色々な書籍にあたり講演会に行き、よいと言われるテープがあればそれを求めて自分の糧としてきた。一生かかってどれ程の成果があるのだろうかと思ってやっている。しかし、そのことを皆さんが困っている時に話をするだけの用意は充分にあると思う。

 会計事務所としての新年の抱負は、税務に限らず広い視野で企業への応援をしていきたいということであり、スタッフ一同研鑽を積み頑張っていきたいと思っている。

(1998/01/22・荻原秀樹)