【事務所通信バックナンバー】

一年を振り返って

 私が事務所に入所して、早くも五度目の年末を迎えます。毎年、一年を振り返ってという事柄についてここに書いていますが、昨年、昨々年と景気低迷、不安定で“来年こそは”と書いていたことが思い出されます。

 しかし、また今年も年初からタンカー重油流出を始め、経済界では、日産生命の破綻に始まりヤオハン、三洋証券、北海道拓殖銀行、徳陽シティ銀行、最後には山一証券と、上場会社、特につぶれない神話の金融機関が相次いで倒産するという近年にない状態が続いた年でした。こんな不景気なのは今年いっぱいで、明るい年を迎えたいと誰もが思うことだと思います。

しかし来年は金融機関で「早期是正措置」(BIS基準)をクリアするため、貸し渋り等の対応がとられる予想がされております。また、一部では始まっているとの情報もあります。税法についても大きく変わる予定があり、中小企業を取り巻く環境は、目まぐるしく変動する年と言えるでしょう。では、それに対応するにはと言いますと、どうしても旧態依然の体質、方針となりがちです。しかし、環境はどんどんと変化していくわけです。それに対応していかずには荒波に飲み込まれてしまうかもしれません。

 そこで毎月巡回監査をしています当会計事務所としては、関与先様のあらゆる会計データを把握しているつもりです。どういったところをどのようにかえたらいいか相談してみて下さい。そして見直してみて下さい。当事務所として出来る限りの対応をはかっていきたいと思います。ただ税金の計算をしている所ではなく、有意義に活用してやって下さい。

 毎年言っていますが、お互いに元氣を出して前向きに頑張っていきましょう。そして、あらゆる事柄に対応できるようにしていきましょう。来年もよろしくお願いいたします。

(1997/12/22・**退職者による記事**)