【事務所通信バックナンバー】

一年を振り返って

 1945年からの右肩上がりの高度成長が1991年まで続き、今の時代は冬の時代である。景気テコ入れの一つである規制緩和で中小企業が大企業に勝てるわけはない。中小企業の2割はつぶれると言われている中小企業。冬の時代である。

 そんな中での中小企業経営は、如何にあるかというと、企業風土、土壌を築く必要があると思う。土壌とは、会社が強くなり、いざというときに社員を守ってやることが出来る会社であり、そんな風土が必要である。社内競争原理を導入して正しい賞罰規定を設ける必要がある。社内競争に勝てない人間が社外競争に勝てるわけはない。そんな中で社会に役立つ人間、すなわち立派な日本人を作る。立派な日本人とは、礼儀と親孝行が出来る人で、仕事を通じて忍耐力を養うことが出来る人が必要である。そんな土壌も会計事務所に作る必要がある。

 今からの会計事務所は、知識より知恵を必要とし、それを通して顧問先社長様に気付いていただく手伝いをすることである。何より自利利他の実践である。

(1997/12/22・荻原秀樹)