【事務所通信バックナンバー】

この時期に保険の見直しを

今、会社で加入している保険(生・損保)は、どのようなものがあるか。またその保険はどのようなリスクに対して保障しているかしているかなど、詳細なところまでご存知でしょうか。

 日産生命の破綻により、保険というものがここにきて見直しをされてきています。法人・個人を問わずに必ずといっていいほど、保険には何かしら加入していらっしゃるのが現状で、その保険については付き合いで、などと簡単に加入していて内容は分からない、また証券があるのかも分からないなどという保険はありませんか?

 会計事務所が保険指導というのは何か不自然さが感じられますが、関与先企業様のあらゆるリスクを客観的に評価し、その対応策について適切なアドバイスをすることも重要な業務の一つであります。そこで保険指導というものがあることになります。今加入されている保険が適切なのか、また本当に十分な保障額はどのくらいなのか、一度トータル的に会社のまた個人の保険を診断してみてはいかがてしょうか。

 当所ではTKC企業防衛データベースを活用し、保険の適正判断となる資料をお作りいたします。是非一度、巡回監査担当者に証券と共にお話をしてみてください。今後、金融自由化(ビックバン)を控え、各保険会社の内容も大変気になるようになってきます。乗り換えることが損か得かの判断も早めがいいと思われます。

(1997/10/22・**退職者による記事**)