【事務所通信バックナンバー】

構造変革期こそ中小企業のチャンス

日本経済は、大きな構造転換のまっただ中にある。規制緩和、国際化、情報化、高齢化などの波の中で、日本の産業構造はどのような方向に変化するのかという不安感を抱いている経営者も多いと思われる。とりわけ、中小企業の経営者の中には構造変化によって、中小企業の倒産が相次ぎ大企業にやられてしまうのではないかと考えている人が多いようだ。

 確かに構造変化の時期には、企業の倒産件数は増大する。とりわけ中小企業の倒産や廃業の数は多いだろう。しかし、そのことと中小企業が大企業に負けてしまうということは、別のことである。変革の時代には、大企業よりも中小企業の方が有利なのである。製造業でもサービス業でも大企業は巨大な設備と豊富な情報量でたいへん有利な状況にあると考えられている。

 確かに安定した生産量や確定した商品やサービスを長期間供給し続けるのであれば、そうしたスケールメリットの威力は強力であろう。しかし変化の激しい時代には、そうした巨大設備や複雑なシステムは、企業の足を引っ張ることにもなりかねない。

 市場のニーズが大きく変わっているとき、役にも立たない大きな設備を持っている企業がその変化に対応できるだろうか。環境の変化に耐えられなくて死に絶えたと言われる恐竜、あるいは簡単に方向を変えることが出来ない巨大船舶の例を挙げるまでもなく、巨大な企業は大きな環境変化に耐えることが出来ないものである。マスコミの世界には、企業30年寿命説という見方があるようだが、これはあながち誇張でもないのだ。変化の激しい時代こそ、中小企業にチャンスがある。

 確かに構造変革期には、中小企業の倒産や廃業が多い。しかし、同時に新規開業も多いのである。多産多死が中小企業の特徴であるとすれば、変化の激しい時代にこそ、そうした中小企業の特徴が出るのだ。それでも倒産や廃業の危機に追い込まれようとしている。企業の経営者は、そんな呑気なことは言っていられない。なんとか経済が安定化して、これまでと同じような経営を続けていきたいと考えるだろう。しかし、経済が安定化すれば、それだけ大企業に有利になり、大企業にやられてしまうことになる。変化を自らの成長と成功のバネにするような気概を持った中小企業にとっては、今は大きなビジネスチャンスの時期である。中小企業の真骨頂は他に先駆けて新しいことに挑戦し、そこから利益をあげることのはずだ。

 変化の激しい環境では、どんな小さな挑戦でも大きな利益につながる可能性を持っている。もちろんリターンとリスクはワンセットである。チャンスを求めて新しいことに挑戦しようとしたら、失敗のリスクも覚悟しなくてはならない。百発百中で成功するなどということはあり得ない。ビジネスの挑戦とは失敗したらその傷口をできるだけ小さく抑え、失敗の教訓を生かしながら、次のチャンスに挑戦することである。

(1997/10/22・荻原秀樹)